Travel Blog

(日本語) 金沢の2大飲み屋街をご紹介します!

Sorry, this entry is only available in Japanese.

みなさんの旅の醍醐味といえば何でしょうか?

観光地巡りが好きな方もいれば、地元の人との交流を目的をしている人もいるかもしれません。

地元の美味しい食事を楽しみにしている方もいるでしょう。

もちろんこれらも旅をする理由には十分なり得ますが、これを楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。

 

それは「お酒」。

 

私自身も旅が大好きで、旅先を訪れてはお猪口を片手に遅くまで夜更かしするクチです。

実は金沢はお酒も人気で、「飲み屋街」と呼ばれるエリアは地元民や観光客の方々で連日賑わっています。

ということで今回は、金沢の飲み屋街をご紹介しようと思います。

 

 

  1. 金沢市民はお酒が大好き?

国税庁が2016年に発表したデータによると、石川県の日本酒の消費量は1位の新潟県、2位の秋田県についで、全国第3位。

成人一人当たりで計算をすると、なんと年間9.48リットルもの日本酒を消費していることになります。

 

これはあくまで私のこれまでの体験ベースですが、確かに金沢に住んでいる人を思い返すと、日本酒が好きな人が多いなという印象を持ちます。

街を歩いていても、小さな飲み屋街がたくさんあって、そういったところからも金沢市民がお酒を好きなことが伺えます。

次は金沢を訪れた際に必ず押さえておきたい、金沢の2大飲み屋街をご紹介します。

 

  1. 新旧の飲屋街が軒を連ねる「金沢駅前エリア」

最初にご紹介するのは、金沢駅前エリア。

このエリアは基本的にはオフィスのビルが立ち並ぶエリアなのですが、一本裏道に入ると、昔からずっと続く居酒屋さんや全国チェーンの飲み屋さんがズラッと軒を連ねています。

 

駅前エリアは大きな1つの街というより、小さな飲み屋街・飲みスポットがたくさんあるような感じなので、それぞれの特徴と共にまとめていこうと思います。

 

①ポルテ金沢地下街

企業のオフィスやスポーツジムなどが入っているビル「ポルテ金沢」。

金沢駅東口から道を挟んで向かいにあるこちらには、地下に飲み屋さんがいくつも入っています。

パーティ利用も可能な「オリーブオイルキッチン」、養老乃瀧グループの「だんまや水産」、地元民にも愛される居酒屋「八兆屋」がおすすめ。

 

②金沢駅前三和商店街

金沢駅から5分ほど歩いたところに位置する、大人の美食街「金沢駅前三和商店街」。

もともとは地元民の「隠れ家」的なお店が多かったのですが、最近は観光客の方々もよく訪れるような場所になりました。

地元のお魚とお酒を楽しむことができる予約必須の「くろ屋」、焼いた状態でお肉が提供される焼肉屋「あぶり肉 がらん」、ボリューミーでコスパ最強の「すし膳 大喜」が人気。

 

③金沢駅前別院通り商店街

金沢駅から徒歩1分に位置する、ディープな飲み屋が集まる「金沢駅前別院通り商店街」。

何十年も前から続く老舗の居酒屋から、創業数ヶ月の新しいバーまで、いろいろなお店が軒を連ねていますので、はしご酒をするにはもってこい。

おしゃべり好きなマスターが人気の「BAR noiboi」、立ち飲みバル「バッカナーレ」、ゲストハウスの1階がバーになっている「sharin」はいつも人で賑わっています。

 

  1. 金沢で朝まで飲むなら石川県最大の飲み屋街「片町」で決まり

そして金沢に来たら必ず訪れていただきたい、石川県最大の飲み屋街「片町」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞樂✙Shinrα✙(@xxshinraphoto_x5y9z5xx)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junichiro Yuno(@junichiro_yuno)がシェアした投稿

金沢駅からバスで10分ほどのところに位置する片町は、昼はショッピングやランチを楽しめるエリアでもあり、夜は深夜、あるいは明け方まで人で溢れかえっています。

たくさんお店がありますから、どこかのお店にずっと居座るというより、ぶらぶら歩きながら、興味を持ったお店で軽く飲むといった形で街を楽しんでいただけたらいいかなと思います。

HPやSNSでお店やイベントの情報が更新されますので、金沢を訪れる際は事前にチェックすることをお勧めします。

 

おわりに

旅に出たら旅先でお酒を楽しみたいもの。

金沢には他にもたくさん面白い、そして美味しいお酒が集まるスポットがございますので、気になる方はぜひご連絡ください。

私たちオススメのお店やエリアをご紹介させていただきます。

RESERVATION