金沢旅猫ブログ

【グルメ好き必見】季節毎に行きたくなる金沢の名店・東山和今。

本当は教えたくないお店の一つ、東山和今。金沢を代表する若手シェフのひとり、今井友和さんが2018年にオープンした日本料理店です。

旅音スタッフも、初給与で両親への食事プレゼント、結婚記念日など、大切な日の想い作りに行かせていただくことが多いです。欧米からのカップルのゲストの誕生日祝いにと紹介したところ、「本当に最高の店だった」と、お礼のワインを頂いたこともあるくらいで、私たちも自信を持って紹介できるお店の一つです。

今回は2020年1月に行かせていただいた際の写真を紹介させて頂きます。

1.空間が素敵!まるで隠れ家のような入口

ひがし茶屋街のメイン通りのすぐ近くに位置する東山和今。オーベルジュ“薪の音 東山”の敷地内にあるのですが、カフェ「抹茶とショコラ」の横道から、まるで裏路地にいくかのように、進んでいくと手入れされた庭が広がり、そこからお店に入ります。ほんのりと香るお香の香りと、扉の背が低くかがんでお店に入ることで、まるで隠れ家のような空間が広がっています。

2.季節が変わるたびに、行きたくなる!旬の食材が楽しめる!

冬の東山和今

白子、バイ貝、蟹、カワハギ、牡蠣など、11品の料理から、金沢の冬の味覚が楽しめました。天気が悪くても、この美味しい海鮮が食べれるから、本当に金沢って最高なんですよね。。。

 

白子すり流し:海老芋煮と蒸白子

 

石川産バイ貝 カリフラワー生スライス 黒ニンニクオイル 肝パウダー

七尾産赤なまこ このわたソース しろ菜お浸し

 

加能蟹 真丈 チジミ法蓮草

マグロとカツオ節

 

氷見産アオリイカ カラスミ

卵黄ソース 春菊

 

氷見産かわはぎ お寿司 肝

カワハギ皮 九条葱 ゆず

 

産寒ブリ漬け 藁焼き

大根みぞれ庵 自家製焼きのり

菜の花 わさび

 

口直し

柿 白和

広島産フロマージュブラン

池月 大吟醸酒粕

 

河内鴨 七尾産沢野牛蒡 山わさび

 

七尾産山田水産 焼牡蠣 茹で牡蠣 金沢せり 土鍋ご飯

 

ゆずジュレ

柑橘カラメルソース

金柑スライス

プリン

いつもの定番の黒豆羊羹とお抹茶を頂き、ご馳走様でした。

3.コスパが良すぎる!?金沢だからこその価格

ディナーコースは3段階あり、今回の料理は一番下の7800円のコースになります。

10品以上出て、お酒飲んで1人1万ちょっとという価格帯に、東京からのゲストは特に、驚かれています。だからこそまた行きたいなと想い、季節ごとに来てしまうんですよね。。。

和今さん、本当に素敵な時間をいつもありがとうございます!!

 

以上、大好きな東山和今の紹介をさせて頂きました。

誕生日や、大切な方との記念日に是非一度、足を運んでみてくださいね。

このお店を目的に、金沢に来る方もいらっしゃるくらい、記憶に残る想い出が作れるでしょう。

 

営業時間:昼11:30~L.O13:00、夜18:00~L.O21:00

予約:要予約

定休日:不定休

最新情報はこちらからご確認ください。

https://kanazawa.makinooto.co.jp/dinner/wakon

宿を探す