金沢旅猫ブログ

【初めての金沢】抑えておきたい定番のモデルコース紹介します♪

1泊2日で初めて金沢に来た方に、是非紹介したい定番のモデルコースを紹介していきます。1人旅でも友人やカップルでの旅行でも、行きやすい場所を中心にまとめました。目安の時間も書いてあるので、調べる時間のない弾丸旅行にもおススメの記事です♪♪

 

1.【初めての金沢観光】1日目の定番は兼六園と金沢城、そして21世紀美術館♪

朝金沢駅に到着したら、まず東口の鼓門(つつみもん)をバックに写真を!

金沢駅は世界で美しい駅14選に選ばれるなど、車で来たとしてもぜひ訪れたい観光スポットでもあります。

写真撮影のあとは、東口のバス乗り場6番から「城下町金沢周遊バス」で出発しよう!

10:00-12:00】まずは金沢城&兼六園を観光しよう

金沢城は、江戸時代の加賀藩前田家の城です。残念ながら本丸は現存しませんが、さすが加賀100万の城!石垣など見どころが多数あります!

(事前にブラタモリの金沢編で石垣や金沢城にまつわる話をチェックしてから行くと、さらに楽しめます!)

金沢城と兼六園は橋で繋がっているので、時間のない方は、金沢城の石川門周辺だけ回って、そのまま桂坂口から兼六園に入りましょう。

 

11.7ヘクタール(東京ドーム2.5個分)の大きさで、国の特別名勝にも指定されている兼六園は、金沢に来たら必ず1度は行っておきたいところ。

 

桂坂口から入り、真弓坂口から出れば、おおよそ1時間~2時間ほどで回ることができます。

兼六園で個人的に好きなスポットを紹介します。

まずは、霞が池にある定番のことじ灯籠(とうろう)。水面に反射した緑が非常にきれいです。

 

続いて唐崎松(からさきまつ)です。剪定・整枝を繰り返すことで、池に反り立っていて、非常に美しいです。

ちなみに剪定(せんてい)は毎年8月に1か月かけて手で古い葉をむしり取るという非常に手間のかかる作業だそうです。

特に欧米からの観光客はこの松の前でずっとその作業をみていて感動した!という方も多いです。盆栽好きならこの良さがわかるはず!!

是非間近で見てください♪

 

ちなみに入園料は大人でも320円とリーズナブルです。

ちなみに、年末年始(12月31日~1月3日)、お盆の時期などは無料期間もあり、地元民にも親しまれています。ちなみに桜や紅葉の時期など期間限定で行う「金沢城・兼六園ライトアップ」という夜間イベントも無料です。

 

12:00~13:30】21世紀美術館の近くでのどぐろランチ

たくさん歩いた後は、休憩も兼ねてランチにしましょう!

ただ21世紀美術館の近くは、実はランチ処少ないんです。

 

おススメは、兼六園真弓坂口から徒歩6分の「のど黒めし本舗いたる」です。

のどぐろは脂ののった魚なので、ひつまぶしで食べると本当に美味しいんですよねー!

ちなみに、「いたる」は金沢市内で3店舗展開している、地元にも観光客にも愛される居酒屋です。私も県外からともだちが来ると、いたるを予約することも多いんです。

 

営業時間:12:00~14:30(L.O.14:00) 、17:30~21:00(L.O.20:30)

定休日:日曜日

電話番号:076-233-1147 ※事前に予約されることをお勧めしますー♪

食べログ:https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17009467/

 

13:30~15:00】21世紀美術館

全国的にも有名な21世紀美術館。ここに来るために金沢に来たという方も多いです。(「のど黒めし本舗いたる」から徒歩1分)

一番有名なのは、このプール。展示も定期的に複数あり、見どころが多いです。

 

ちなみに、21世紀美術館は、地元民には丸い美術館ということで、「マルビ」という愛称で親しまれています。

美術館の外にも、楽しめるアートが設置されているので、無料で楽しむこともできます。

 

2.【初めての金沢観光】夜を楽しむなら香林坊&片町が定番♪

15:00~16:00】カフェで休憩

ここまで歩き回ったあとはクタクタになっているのではないでしょうか??

21世紀美術館から5分歩くと、香林坊という百貨店やブティックのあるメイン通りに行くことができますので、このあたりでカフェで休憩。夕方からまた動き出しましょう♪

 

16:00~18:00】長町でぶらりショッピング

まだ体力のある方は、長町の武家屋敷をふらふら歩くのもおススメですね!

(香林坊から徒歩5分ほどでメイン通りに行くことができます)

街並みもきれいですが、九谷焼の食器などのショッピングもおススメです~!

動画で是非雰囲気を確認してくださいね。

最近は九谷焼もモダンな食器も増えていますよー。

 

夜ご飯は、「金沢おでん」はどうでしょうか??

魚介ダシをベースにしたスープに、バイ貝やふかし、赤巻など、カニ面など地元色豊かなおでん種が入っています。(全国のおでんと比べると薄味)

ちなみに金沢では、夏でもおでん屋さんに行きます。地元のおでん屋は、おでんも食べれる居酒屋と、他県と認識がちょっと違うなと感じます。

 

「金沢おでん」の多くは、片町&香林坊に密集しています。

赤玉や、三幸(みゆき)も有名ですが、日本酒も楽しんでもらえる「ちくわ」が、私のおススメです。

 

■お酒が豊富!日本酒、ビール、焼酎など。

オーナーこだわりの日本酒が特におススメ!日本酒はワイングラスで頂けますよ!

 

■オシャレ・おでん屋

 

こだわりのおでん・メニュー

おでんだけじゃないところ、いいですよねー♪

ちなみに、練り物は自家製とのこと。

ちなみに毎回〆に頼むのが、おでんのダシでスープで作ったチャーシューラーメン。汁を全て飲み干しても罪悪感なし!!

 

 

店名 ちくわ
電話番号 076-255-0303
住所 石川県金沢市片町2-10-42 RENNビル1F
アクセス バス停「片町」から徒歩6分
営業時間 17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日
予算 ~4,000円

 

ちなみに、金沢はBarのクオリティが高いことでも実は有名です。

片町にはBarがたくさんありますよー。夜中2時・3時までやっているお店も多いので

夜まで金沢ナイトを楽しみたい方は、片町周辺の宿がおススメです♪♪

 

3.【初めての金沢観光】朝食は近江町市場で♪お土産はひがし茶屋街が定番♪

8:00-10:00】近江町市場

近江町市場は金沢駅の次に、バスが多い場所。

片町や香林坊からだと、2・3分に1本はバスがあります。(バスで5分ほど)

食べ歩きもできますし、海鮮丼や、回転寿司のお店もあります。

(水曜定休です)

 

10:30-12:00】近江町市場の次は、ひがし茶屋街へ

近江町市場からひがし茶屋街へは、バスで3分程で到着します(歩いても15分)。

ひがし茶屋街は、京都の祇園のような町家が立ち並び、趣のある雰囲気です。

個人的には、雨の日のひがし茶屋街がしっとりとした雰囲気で好きです。

金箔のお店や、和菓子のお店など、お土産屋さんが揃っているので、お土産を買いたい方は、ひがし茶屋街で買われることをおススメします♪

(金沢駅も同じ品揃えがありますが、結構混んでいます)

 

12:00-13:00】ちょう吉で親子丼

歩き疲れた後は、ひがし茶屋街のど真ん中にあるちょう吉で、ランチはどうでしょうか?ちょう吉は昔から地元の人に親しまれている焼き鳥屋です。最近町家を改装してとても綺麗な店に生まれ変わりました!炭火で焼いた鶏が本当にプリプリの親子丼。

ランチは親子丼のみの販売なんですが、これが本当に美味しいんです!

親子丼なんですが、まるで卵かけごはんのようなのどごしです。気になる方は動画も確認ください

 

おわりに

以上、弾丸で定番だけ観光したい方に、おススメのモデルコースを紹介しました。

各観光地は隣接しているので、是非仕事や観光以外の用事で金沢に来られた方も、立ち寄れる観光スポットになります。

是非金沢で楽しい思い出を作ってくださいね。

 

 

 

 

 

宿を探す