金沢旅猫ブログ

金沢でお土産を買うならこれ!定番からこだわりが光るお土産まで一挙紹介

金沢のお土産といえば、和菓子や海鮮、日本酒など選択肢がありすぎて、迷みますよね・・・。失敗したくないお土産選びについて、名古屋出身のスタッフが実際に渡して喜ばれたものを紹介していきます。

 

迷ったらこれ!ど定番の金沢土産

まずは、これを渡せば必ず喜ばれるという定番のお土産を紹介します。

 

中田屋のきんつば

https://www.kintuba.co.jp/

 

金沢の和菓子は甘すぎず、上品な味で本当においしいです。

その中でも代表格が「きんつば」です。

 

各和菓子メーカーが、「きんつば」を作っていますが、地元での定番は「中田屋のきんつば」です。

創業85年。変わらない味を守り続けています。

賞味期限が短いのは要注意ですが、私は実家に帰るときは必ず、「中田屋のきんつば」をお土産で渡しています。

他のお土産と比べ、金沢の「きんつば」は認知度も高い為、特に年配の方から評価が高いように感じます。

また販売場所も、金沢駅や百貨店内、ひがし茶屋街など、主要スポットで必ず売っています。

 

金沢うら田の起上もなか

https://urata-k-store.shop-pro.jp/?pid=139047274

 

金沢の郷土玩具「加賀八幡起上り」は、加賀八幡さまが生誕した際の真紅のおくるみ姿に似せた人形で、

子供の健康を願って配られました。縁起が良く、パッケージも可愛いので、お祝いごとや大切な方へのお土産にぴったりの和菓子です。

 

数も1つから購入でき、単品~30個入りまで選ぶことができます。

金沢駅構内の「あんと」で購入できますよ。

 

「あんと」とは・・・

主要な和菓子屋さんが入った地元の人もよく使うお土産の買えるスポットです。

(営業時間:8:30~20:00)

こだわりのある金沢のお土産を贈るならどれ?

ここでは、“いつもお世話になっている目上の方や、義母へのお土産へのお土産にぴったり”な、ちょっと気の利いたお土産を渡したいときにおススメなお土産を紹介します。

 

月よみ山路

http://www.matsubaya.jp/

 

創業嘉永5年加賀・松葉屋の代表銘菓です。

金沢では料亭のデザート等でも出されている、知る人ぞ知る羊かんです。

小松が本店ですが、実は金沢駅でも買えます。(あんと「百番銘菓」にて)

 

栗むし羊かんとくるみ羊かんの2種類があります。

普段はあまり羊かんを食べない派ですが、冷蔵庫で冷やして食べると独特のもちもち触感で絶品です。

1つずつもかさばらないですし、価格も1本750円とお手頃でお財布にもうれしいお土産です。

 

甘納豆かわむら

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAILA(@baila_magazine)がシェアした投稿

https://amakawa-web.stores.jp/

 

せっかく金沢のお土産を選ぶなら、東京や大阪など他県ではなかなか

買えないものを選ばれてはいかがでしょうか?

 

甘納豆かわむら屋は、金沢でも西茶屋街にしかお店を出店していない、甘納豆のお店です。

 

甘納豆と聞くと古風な印象ですが、ここのお店はいろんなフルーツや豆の甘砂糖漬けがあり、おしゃれで可愛いんです。(もちろん味もおいしいです)

個人的には、まるごと栗の入った「しぶ皮栗」がおススメ。1袋300~400円前後の価格帯で、自分へのお土産としてもおすすです。(賞味期限も1か月前後と長めです)

 

不室や「宝の麩(ふ)」

https://www.fumuroya.co.jp/products/takara-no-fu/

 

「宝の麩(ふ)」は、インスタントのお吸い物です。

甘いものの苦手な方や、年配の方によくお土産として持っていきます。

「お麩(ふ)」に穴を開けてお湯を注いだら、お吸い物の出来上がりです。

 

具材は、金沢らしい「加賀野菜」「加賀味噌」などです。色々な具材が入っていて、見た目も可愛いです。

 

竹葉「能登梅酒」

 

この投稿をInstagramで見る

 

数馬酒造 / Kazuma sake brewery(@kazumasakebrewery)がシェアした投稿


http://shop.chikuha.co.jp/?pid=133207326

 

金沢は日本酒の酒造が多いことでも有名ですが、実は酒造で出している梅酒も美味しいんです。

おススメは、創業150年の酒蔵である数馬酒造が作っている「能登梅酒」です。

米から自社で作っているこだわりの日本酒から作られる梅酒は、とてもマイルドで本当に絶品です!

梅も能登産を通常の倍量を使い、甘酸っぱさとコクがある味わいです。

 

ロックがおススメで、個人的には今まで飲んだ梅酒の中で一番おいしいです。

 

意外に少ない?大容量orコスパ最強の金沢のお土産

実は、金沢のお土産は、洗練されていておしゃれなお土産が多いんです。

 

美味しいものはあげたいけど、できる限りコスパも安くしたいですよね。

 

そんな想いが叶えられるお土産を紹介します。

 

柴舟小出

https://www.shibafunekoide.co.jp/

 

職場など大人数にお土産を渡したいとき、みんなから喜んでもらえるものを選びたいですよね。

甘いものが苦手な人からも、年配の方にも喜んで頂けるお菓子が、小出の柴舟です。

柴舟はショウガせんべいで、2枚ずつの個包装になっており14枚入700円~購入できます。

賞味期限も製造から100日と長いので、うれしいですね。

 

こちらも代表的な金沢の銘菓なので、各和菓子メーカーが柴舟を出していますが、小出の柴舟が定番でおいしいです。ちなみに、小出やの路面店で購入すると、購入している間に和菓子とお茶を頂けるのも嬉しいサービスです。

 

諸江屋の落雁“花うさぎ”

http://moroeya.net/?mode=cate&cbid=329973&csid=0

 

「半沢直樹」で金沢の土産として登場した、知る人ぞ知る金沢土産。

和三盆の香り豊かな、梅形の形をした小サイズのらくがんです。

口の中で一瞬でとろける上品な和菓子です。

 

箱の中に15粒入り450円~から購入できます。

賞味期限も90日と長いので、旅行後すぐに会えない方へのお土産にもよいですね。

 


 

以上、地元の人が選ぶ独断と偏見による、おススメのお土産でした。

 

今回ご紹介したお土産の多くは、金沢駅構内で購入できるものが多いです。

試食コーナーを設けているお店も多いので、ぜひいろいろ試して、ベストなお土産を見つけてくださいね。

 

またよりコアなお土産を知りたい方は、是非チェックイン時に旅音スタッフまでご相談ください。

みなさんの旅がよい思い出に残る旅になるよう、私たちもより情報収集を増やしていきたいと思います。

 

宿を探す