金沢旅猫ブログ

人気急上昇中!?金沢のB級グルメ「金沢カレー」をご存知ですか?

旅先の楽しみに「食」は欠かすことができないでしょう。

 

僕もよく旅はしますが、毎回美味しいご飯屋さんを探すのが本当に楽しみです。

 

とりわけ気になるのは、その土地のB級グルメ。

 

なかなか予約の取れない、地元の名店を訪れるのもいいですが、僕はどちらかというと普段から地元の人たちに愛されているお店を訪れることが好きです。

 

今回ご紹介するのは、最近じわじわと人気を集めてきている金沢のB級グルメ「金沢カレー」をご紹介しようと思います。

 

全国で話題沸騰!?「金沢カレー」

 

最近、以前にも増して県外の方々から「金沢カレー」について聞かれることが増えてきました。

 

「金沢カレーってどんなカレーなの?」

 

「どこのお店が美味しいの?」

 

中には「金沢カレーを食べるために金沢に来ました!」とおっしゃる方も。

 

なぜ最近になってこれほどの人気が出てきたのか。

 

きっかけは2019年8月、各都道府県の隠れた魅力を発信するバラエティ番組「秘密のケンミンショー」で紹介されたことが大きいようです。

ところで「金沢カレー」とは、ふつうのカレーとどういった違いがあるのでしょうか?

 

「金沢カレー」ってどんなカレー?

 

「金沢カレー」の特徴は大きく、次の3つ。

 

1つ目は、ステンレスのお皿に盛り付けられていること。

 

僕は金沢生まれ、金沢育ちなのですが、実はこの銀のお皿に盛り付けられているカレーが、全国のスタンダードだとずっと信じていました。

 

確かにいま振り返ってみれば、県外でカレーを食べるときはふつうの陶器やプラスチックのお皿が使われていますよね。

 

2つ目の特徴は、カツがルーの上に乗っており、さらにその上からソースがかかっていること。

 

「カツカレー」自体は全国のどこでも見受けられますが、金沢のカレーはこれがスタンダード。

 

僕はこちらも、カレーの上にはふつうはカツが乗っているものだとしばらくの間思い込んでいました。

 

最後の特徴は、キャベツの千切りが乗せられていること。

 

お店や家庭によっては、この上にマヨネーズがかかっていることもあります。

 

僕がそだった家は、マヨネーズを上にかけることが多く、これをご飯やルーと一緒に食べるのが本当に美味しい。

 

ちなみに金沢のカレーはこのように上にいろいろトッピングされていることが多いので、スプーンの先が3つに割れていることや、そもそもスプーンではなくフォークで食べることが多いです。

 

文字を書いているだけでお腹が空いてきますね…。

 

最後はそんな金沢カレーを食べられるお店を紹介します。

 

金沢カレーが食べられるお店3選!

金沢カレーは地元の人々にも非常に人気があります。

 

しかし、好みは人それぞれ。

 

カレーの話になると「こっちのお店の方が美味しい!」「いや、あっちのお店の方が美味しい!」と言い合いになることも。

 

今回は地元でもファンの多い、3つのお店をご紹介します。

 

ゴーゴーカレー

まず紹介するのは、ゴリラの看板が特徴的な「ゴーゴーカレー」

 

最近は全国(そして海外)にも展開しているので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

ゴーゴーカレーの特徴は、金沢カレーらしい、黒くドロッとしたルー。

 

金沢カレーの火付け役として認知されており、カツとキャベツ以外にチキンカツやエビフライ、ウインナー、ゆで卵などをトッピングした「メジャーカレー」というメニューが人気。

 

ちなみに僕が一番好きな「金沢カレー」はこちらの「ゴーゴーカレー」になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

川上 浩光(@shizuoka_hiro)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

コマシ@盛り付け地域ブロガー(@komashi_morituke)がシェアした投稿

店名 ゴーゴーカレー 金沢駅総本山
電話番号 076-256-1555
住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 あんと
アクセス JR北陸本線金沢駅隣接

北陸鉄道北鉄金沢駅から徒歩2分

金沢駅から88m

営業時間 10:00~22:00
定休日 無休
予算 ~1,000円

 

* 詳細は「金沢駅総本山」のもの。

 

カレーのチャンピオン

2つめに紹介するのは「カレーのチャンピオン」

 

地元の人たちからは「チャンカレ」の愛称で親しまれており、「元祖金沢カレー」としても知られています。

 

金沢カレーの中でも「こってり」していると言われる「チャンカレ」

 

レシピは1950年に作られたもので、すでに60年以上、同じレシピを守り続けているそうです。

 

金沢工業大学という金沢でも大きな大学の近くに本店があり、また当時と味が変わらないこともあって、学生時代を金沢で過ごされた方は金沢を訪れる旅に寄らずにはいられないんだとか。

 

僕の周りでも「チャンカレ」人気はかなり高いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

T.Shimamoto(@greengreens.shima)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

走れ❗コタロー(@kotaro_hk)がシェアした投稿

店名 カレーのチャンピオン 近江町店
電話番号 076-255-2353
住所 石川県金沢市青草町88番地 近江町いちば館 地下1階
アクセス 金沢駅から徒歩15分

北陸自動車道森本ICより車で15分

北鉄金沢駅から939m

営業時間 11:00~20:00
定休日 無休
予算 ~1,000円

 

* 詳細は「近江町店」のもの。

 

カレーの市民アルバ

最後にご紹介するのは「カレーの市民アルバ」

 

ステンレスのお皿に盛り付けられていたり、カツやキャベツが盛り付けられていることは他の金沢カレーと同じですが、ルーはそれほどドロっとしておらず、辛さも他のものに比べて少し辛めという特徴があります。

 

本店は小松市という、石川県で3番目に大きな市にあり、一部では金沢カレーではなく「小松カレー」と呼ばれていることも。

 

小松市民から愛されていることはもちろん、金沢に住んでいる人でも、わざわざカレーを食べるために小松市の本店まで足を運ぶ熱狂的なファンもいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まゆこ(@yamayu0204)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐川徳夫(@direct_thrust)がシェアした投稿

店名 カレーの市民 アルバ 小松本店
電話番号 0761-22-6027
住所 石川県小松市竜助町160
アクセス JR北陸本線「小松」駅(西口)より、徒歩6分

小松駅から440m

営業時間 11:00~21:00
定休日 火曜
予算 ~1,000円

 

* 詳細は「小松本店」のもの。

 

おわりに

今回紹介したのは、数ある金沢カレーの中でもほんの一部。

 

他にも魅力的なお店はたくさんありますので、ぜひご自身のお気に入りのお店を探してみてください。

宿を探す