金沢旅猫ブログ

ベストショットを収めよう!金沢のおすすめインスタスポット5選

旅行先で素敵なものを見つけたら、友達にも見てもらいたくなりますね!

今回は金沢で、インスタにあげるのに最適なスポットをご紹介します。

 

1.これぞインスタ映え!綿毛とピールアートの金沢一幻想的な空間「ひみと」

写真を撮りたい!と日々たくさんの女子たちが訪れるこちらは、「ひみと」というギャラリーです。

 

オーナーさんは、「ピールアート」という

果物の皮を乾燥させて加工するアートをメインに活動されているそう。

こちらも、もともとは柑橘類の皮だったとか!

 

ギャラリー内はオーナーさんの世界観が炸裂した、幻想的な空間です。

ピールアートのほか、たんぽぽの綿毛がたくさん天井から釣り下がったお部屋など…

さながら「魔女の隠れ家」!

 

ちなみに場所は、金沢の飲み屋街「片町」の周辺です。

金沢駅方向からの場合はバス停「片町」で下車し、そのままバスの進行方向に向かって歩き

この犀川大橋の手前で左に曲がります。(橋は渡らない)

 

そのまま10分ほど進むと、周りに何もなくて不安になってきたころに左手にあります。

 

平日の13:40でしたが、すでに女子大生っぽいみなさんが列をついていました!

中に入るまでは20分ほどでした。

 

入館料は¥1,000(学割もあるようです)。

オーナーさんが中に入るとピールアートの説明をしてくれます。

帰りにはお気持ち制で寄付をし、その金額に応じておみやげを持って帰ることのできるシステムになっています。

寄付したお金は、国内外の小学校などでピールアートの出張講座をするのに使われるそうです。

 

HIMITO(ひみと)
住所 石川県金沢市中川除町51
アクセス バス停「片町」から徒歩10分
営業時間 正午~16:30
定休日 なし
入館料 1,000円+お気持ち制

 

2.たくさんの菓子型が圧巻!予想以上の見ごたえ「金沢菓子木型美術館」

ひがし茶屋街の最寄りバス停「橋場町」のすぐ近くにある、「森八」という和菓子屋さんの2階にあります。

 

1階が和菓子の販売、2階に上がると左手が和カフェ「森八茶寮」・右手がこの「菓子木型美術館」になっています。

 

2階に上がってすぐの受付で入館料の¥200を支払います。

江戸時代から使われてきたというお菓子の木型がたくさん!

いろいろな模様があって、見ているだけでも楽しいです。

 

金沢菓子木型美術館
住所 石川県金沢市大手町10-15 森八本店 2階
アクセス バス停「橋場町」から徒歩4分
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
入館料 200円

 

3.インスタストーリー向け?”金沢のありえないレストラン”「A RESTAURANT」

ちょっとクラブっぽい雰囲気もある、お洒落なレストランです。

真ん中がこのようなバーコーナーになっています。

こちらはトイレの扉(とスタッフの真依ちゃん)です。

 

真依ちゃんいわく、「撮りたくなるポイントがいっぱいある」。

アーティスト気質な方におすすめです。

 

A RESTAURANT
住所 石川県金沢市片町2丁目23-12 中央コア 2階
アクセス バス停「片町」から徒歩3分
営業時間 18:30よりドアオープン 19時よりディナースタート
定休日 毎週日曜~水曜
予算 10,000円~

 

4.まるで絵本の中…ふすまが可愛い金沢の隠れ家「薬膳カフェ cien(紫燕)」

2020年2月にオープンしたばかりだというこちらのお店、とにかくふすまが可愛い!

まるで絵本の中の世界に来たかのようです。こちらの写真は「月の間」。

 

他にも、うっすらとほの明るい空間の中で幻想的な絵柄のこちら「夢の間」

 

左右対称の猫ちゃんやキラキラが素敵な「鏡の間」

 

階段を上がってすぐに目に入る「風の間」など、どれも可愛くてキュンキュンしてしまいます。

1階のギャラリーのオーナーさんでもある、細川理衣さんがすべて手描きされたのだそうです!

 

外観もこんな感じで、レトロで可愛いです。

 

「薬膳」というとちょっと構えてしまうかも知れませんが、

ウェルカムドリンクの高麗人参茶から…

 

昔ばなしの「つづら」みたいでかわいい、月替わり御膳のおばんざい

 

月替わり御膳のメイン、参鶏湯

 

デザートの亀ゼリー(!)

とにかく写真に撮りたくなる宝石箱みたいな薬膳の数々。

 

こちらは烏賊と双耳の生パスタ。イカスミが練りこまれていて美味!

 

デザートの甘味、八穀ぜんざい。たいやき…!

 

とにかく見た目はもちろん、味もとってもおいしくて大満足のお店です。

 

薬膳カフェ cien(紫燕)
住所 石川県金沢市新竪町3丁目52「おはなしのつづき」2階
アクセス バス停「片町」から徒歩7分
営業時間 11:30~15:00
定休日 土曜・日曜(水曜は薬膳の料理教室のみ)
予算 1,000円~3,000円

 

5.金沢といえばこの景色!夕日のベストショット

説明はいらないのではないでしょうか…

これは7月ごろ、ちょうど夕日の沈むときの写真です。

 

ひがし茶屋街の入り口、主計町付近の浅野川大橋にて。

もはやインスタとか関係なく、みんなこの景色を見に金沢に来て!!!

 

日が沈んでからの景色もまた、情緒たっぷりで美しく。

空気の匂いがもう、画面越しに伝わるでしょう??

 

こちらはまた別の場所、金沢中心部からは少し離れた山側の

「大乗寺丘陵公園」にて見る夕日です。

 

ここから見る金沢の町並みの美しさは、地元民しか知らないかも…

 

おわりに

いかがでしたか?

金沢に来てインスタにあげるなら、ぜひ訪れていただきたいおすすめスポットを紹介しました!

あなたのお気に入りの金沢を撮りに来てくださいね!

宿を探す