金沢旅猫ブログ

【金沢の新しい観光スポット】私設の美術館「KAMU kanazawa」に行ってきました♪

2020年6月オープン・地元で話題の私設美術館「KAMU」。美術館といえば、市や県で運営されているのが日本では一般的だが、私設というのがかなり珍しい。この美術館では、21世紀美術館の代表作品「スイミングプール」で有名なレアンドロ・エルリッヒの作品があるなど作品も興味深い。

6月のオープンから展示されているのが、 レアンドロ・エルリッヒ、桑⽥卓郎、ステファニー・クエールの作品が展示されています。

1.【KAMU kanazawa】INFINITE STAIRCASE(by レアンドロ・エルリッヒ)

螺旋階段を横倒しにしたような作品で、鑑賞者が作品のなかに入って楽しんでもらう体験型の展示。エルリッヒが得意とする、現実と錯覚の世界を誰もが体験することができる。個人的にはスターウォーズの「最後のジェダイ」でレイが修行中に入ってしまった鏡の洞窟のような雰囲気でした。

2.【KAMU kanazawa】ステファニー・クエールさん作品

自然豊かな英国のマン島で生まれ育ち、現在もマン島にあるスタジオを拠点 に活動されているそうです、等身大の動物を粘土で表現されていて、今にも動きだしそう!是非生で一頭ずつぜひ表情を見てみてください。

3.【KAMU kanazawa】桑⽥卓郎さん作品

世界で活躍する日本人陶芸家の作品。

私ももっと自由に、自分を表現したいなと思えた、陶芸の枠を超えた作品でした。

最後に

21世紀美術館から徒歩3分の立地にある「Kamu kanazawa」。是非21世紀美術館に訪れた際に、一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?写真撮影もOKなので、インスタ映えする写真が取れますよー!

 

尚旅音のともだちでもある、創設者林田さんは30代Iターン組です。金沢市内に点在する私設美術館を今後も増やされるということで、魅力的で面白い金沢を一緒に作っていけたら面白いなーと考えてます!

 

林田さんの想いが伝わるクラファン記事はこちらから。

 

住所 ⽯川県⾦沢市広坂1-1-52

営業時間 11:00-18:00(金・土は-20:00)

定休日 月曜

入館料 800円

https://www.ka-mu.com/

 

宿を探す